遊と聡 ー 映画「雷桜」と「オーバー・フェンス」

大雨がやっと上がったと思ったら、急に暑くなりました。

そうでした、夏でした。気がつけば7月も終わるところです。

今月は充実した日々でした。

図書館で調べものをしたり、友だちと会って話したり、長めの原稿も書きました。

そして、映画「オーバー・フェンス」の完成披露上映会にも行きました。

上映前に監督・俳優の舞台挨拶がありました。山下監督・オダギリジョーさん・蒼井優さん・満島真之介さんの登場に、芸術ホール超満員のお客様から歓声が沸きました。

山下監督は、「どの俳優もすばらしい。俳優たちの芝居を浴びてください。」と言われましたが、本当にみなさんすばらしかったです。主演のオダギリさん蒼井さんはもちろん、満島さん、松田翔太さん、北村有起哉さん、鈴木常吉さん、優香さんも。

わたしが特に驚いたのは、蒼井優さんでした。

前に観た「岸辺の旅」の優さんとは、また違う迫力でした。

脚本が、「そこのみにて光輝く」の高田亮さん。高田さんは佐藤泰志を読み込んでいるなと感心させられます。

まだ映画は公開前なので、内容については控えますが、俳優さんたちの熱演と函館の坂や公園、とてもいいです。

映画 オーバー・フェンス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蒼井優さんの渾身の演技に感動して、そういえば彼女は宇江佐真理さん原作の「雷桜」にも出ていたはずと思い出して、遅ればせながらDVDで観ました。

これがまた、優さん凄いんです。白馬を駆って森を行く姿もかっこいい。原作者の宇江佐さんをして「主人公の蒼井優さんは体当たりの演技を見せる。普通の女優さんならきれいに見えるように表情を作るが、今回の蒼井さんにはそれがない。泣くシーンではよだれが流れるのも構わず盛大に泣く。笑うときも盛大に笑う。蒼井さんは小説の主人公そのものに見えた。」(『見上げた空の色』所収「試写会」より)と言わしめています。

映画「雷桜」は2010年の公開だったのですね。「海炭市叙景」と一緒。

「海炭市叙景」のことで無我夢中だったから、宇江佐さん原作の映画を観もしませんでした。でも、今回「オーバー・フェンス」のあとに「雷桜」を観て、蒼井さんの演じた二人の女性に共通するものを感じて、感慨深かったです。

「雷桜」の遊は、森に暮らし里の人から天狗と思われている野生児です。自分のことを「俺」と言います。「オーバー・フェンス」の聡(小説では「さとし」)も、男みたいな名の痛々しいほど烈しい女性。

宇江佐さんが「雷桜」の蒼井さんを観て書いた感想は、そのまま「オーバー・フェンス」を観たわたしの感想でもあります。

映画 雷桜

 

 

 

 

宇江佐真理・佐藤泰志という函館の二人の作家の作品に出て、主人公そのものを見せてくれた蒼井優さんに、ありがとうを言いたいです。


吉増剛造とエミリーの小石

六月も今日で終わり。

今年も半分が過ぎたのですね。

今日は調べものがあって、中央図書館へ行ってきました。

「市街戦のジャズメン」が掲載されている『北方文芸』1968年3月号も閲覧しました。

48年前の春にこれを読んで衝撃を受けたのでした。

いま読んでも、書き出しからして上手いです。

高校生がこれを書いたわけです。

005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その佐藤泰志と同年の宇江佐真理も、高校生のころから書いていました。

「ウエザ・リポート」(これを書きたいがためにペンネームを決めたそうです。ウェザーリポート、天気予報のもじりです。)に所収の「高校生の夏休み」というエッセイが好きです。受験雑誌の小説募集に応募して佳作に入選するものの、最優秀作のレベルに挫折感を味わい、もっとうまくなりたいと思った少女は、増えた規定枚数に苦しみながらもさらに挑戦する。高校三年のときも佳作だったが選考委員の本多秋五さんの「印象的な作品」という選評は「十八歳の女子高生をその気にさせるには十分な言葉」だったそう。

「私の小説家としてのきっかけはそこにあると思う。」

「長い長い模索の日々が続くことなど微塵も考えず、私はひたすら小説を書くことだけを考えるようになった。

 疲れた眼で窓の外を眺めれば、空地にはヒメジョオンの白い花が揺れていた。金魚売りの間延びした触れ声も微かに聞こえる。

 静かな夏のひと時、思えば何と幸福で豊かな時間を過ごしたことだろう。高校時代に何か誇れるものがあるとしたら、私は迷わず小説を書いたことを挙げる。

 その時の気持ちが忘れられず、今も私は小説を書き続けているのかも知れない。」

 

図書館から帰宅したら、小樽の詩人からレターパックが届いていました。

わー、わー。開けて狂喜しました。

東京国立近代美術館で開催中の「声ノマ 全身詩人、吉増剛造展」の分厚い図録? 書籍です。

声ノートというディスクが2枚ついています。

豊富な図版、テキスト・資料つきの豪華本です。

なんと、なんと、長屋のりこさんが東京のSさんに頼んで購入したものを、吉増ファンのわたしに贈ってくださったのですよ。

ありがとうございます!

 

002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長屋のり子さんの達筆なお手紙と、トークイベントにも参加したSさんの詳細なノート(きれいな小さな文字がびっしり詰まった感嘆モノです)のコピーも添えられています。うれしい!!

004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど吉増さんの『わが詩的自伝 素手で焔をつかみとれ』を読んでいるところでした。

わたしが詩を書くようになったのは吉増剛造の「オシリス、石の神」を聴いたからでした。

石と言えば、自伝の中には大好きなエミリー・ディキンソンの詩も掲載されています。

 

小石はなんていいんだ

道にひとりころがっていて

経歴も気にかけず

危機も恐れない

あの着のみ着のままの茶色の上着は

通りすぎていった宇宙が着せたもの

         (中島完訳『エミリー・ディキンスン詩集』国文社より)

 

なんだろう、小石は佐藤泰志や宇江佐真理が描いた市井の人に重なります。

そして、売れっ子作家になっても贅沢をせず生まれた街から一度も出ずに書き続けた宇江佐さんとエミリーも。

 

長屋さんは小柴節子さんの詩集も贈ってくれました。

19年前の6月発行の詩集名は「雨ノチ雨」

003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発行者は浅野明信

小柴氏も浅野氏も既に亡く

六月の雨は、死者を哀惜する涙でしょうか。

 


TENGOライブと「游人」22合評会

✍今月も残すところ、あとわずか。

慌ただしくもアツイ日々の5月でした。

まず、念願の北海道立文学館での「佐藤泰志の場所(トポス)」展へ行ってきました。

入場してすぐ階段を下りてゆくと、いきなり熊切和嘉監督の顔の大写しに出会ってびっくり!

展示室前の大きなモニターに、映画「海炭市叙景」メイキング映像がエンドレスで流れているのです。撮影の様子や実行委員会の活動などを懐かしく眺めました。

展示は質・量ともに素晴らしいものでした。

はじめて見るもの、知ることもありました。

携わった文学館のかたがたの熱さが感じられ、敬意と感謝の念を抱きました。

ありがとうございます。

行ってよかったです。

 

✍それから義母の住む北見へ行ってきました。

北見は5月の北海道か、というくらい暑かったです。

30度超えの全国でいちばん暑い日もありました。

函館へ戻る前に、89歳の義母が携帯電話を使いこなせるよう特訓してきました。

大学ノートに手順は書いてきましたが、外出時にも困らないよう、戻ってからマニュアルを作って郵送。受けとった義母からの電話は固定電話ではなく携帯電話からでした。成功!

 

✍そして、アツイ日々の真打ちとも言うべき昨日は。

カフェレストラン「らんぶる」にて、灼熱のジプシーサウンドTENGOのライブと「游人」22の合評会でした。

TENGOのライブは、小樽の長屋のり子さんが游人合評会に参加するにあたって、仲間のみんなにぜひ聴かせたいという想いから、TENGO初夏のライブツアーに組み込んでの実現でしたが、結局お店の定員を超える23名が集っての大盛況!

土曜の午後の時間帯を貸し切りにしてくれた会場のカフェレストラン「らんぶる」のオーナーや、会場や出演者との連絡・送迎を担ってくれた河田節さんの熱意のおかげです。感謝!

TENGOは野紀子さん(バイオリン)と藤ミホコさん(アコーディオン)のユニット♪

はじめて聴きましたが、とてもよかったです。

クラシックからロシア民謡、映画音楽、歌謡曲まで、ものすごいパワフルな演奏!

お店の階下はお客様でいっぱいだったので、わたしたち数人は2階で聴きました。

木造の吹き抜けで、とてもいい音でした。

アンコールは1階で聴きました♪

美しく華奢なお二人の、滾る想いと迸る汗。

アツイ演奏でした。

間近で感受した魂と音に魅せられたお客様みな、CDをもとめて帰られたのが印象的でした。感動!

 

✍ライブ後の熱を胸にも耳にも残しながら、らんぶるの2階で合評会を行いました。

なんと花崎皋平さん、坂本孝一さんがゲストです!

長屋さんのお誘いです。

お忙しい中、はるばる時間とお金を使って来てくださったのです。

もともと同人が6人という小さい詩誌のうえ、函館勢は4人、東京在住の佐波ルイさん欠席で5人での合評会のはずが、贅沢で有り難い稀有な時間でした。

木田澄子「まどろむこども」、幸野綾「母川」、佐波ルイ「ぼんくら書けにゃん顛末記」、長屋のり子「疑似 モノローグ・アンテリュール」、番場早苗「奔る春」、河田節「遠景に立っている」について合評しました。

ここは少人数のよさですね、一篇一篇に時間をかけて熱心な合評でした。

なるほど、そういう読み方もできるなと感心したり、好い刺激を受けました。

なにより、真摯で親愛のこもったことばがうれしかったです(著名であり年長でもあるのに決して偉ぶったりしないお二人なのです)。

拙作についても、これ以上ないほどの懇切丁寧な評をいただき感激しました。

ありがとうございました。

合評会のあとは駅前の居酒屋での懇親会。

ここでも、話題は詩や詩人にまつわることです。

ああ、わたしたち詩が好きなんだわ。

楽しく充実した一日でした。

深謝!

 

※坂本孝一さんから頂戴したアンソロジー「海の詩集」、松田潤さんから受贈の「個人蔵書と大学図書館、あるいは紙の本の黄昏 - 大学図書館の個人文庫を通してみえてくること - 」についてもふれたかったのですが、長くなりました。またの機会に。

 

 

 

 

 


1 2 3 4 5 6 59