陸繋砂州通信 > ツレヅレ > JAMAJA新年会

JAMAJA新年会

きのうは、JAMAJAの、ちょっと遅い新年会でした。

昔からの友人たちの集まりです。

夫の高校や、わたしの中・高校時代の同級生や、その伴侶。

東京時代も一緒だった友人が大半で、気の置けない仲間です。

JAMAJAというのは、以前は毎年、秋の誕生会は楽器を持ち寄り音楽会をしていて、

遠くから来られる方もいるので、その時期に合わせてお土産に、学級文集のようなものを作ったときの誌名です。

詩・創作・エッセイ・評論(?)ありの、ま、遊びですが・・・

(わたしが入力・編集をして毎年出していましたが、みんな忙しくなってここ数年はお休みしています)

 

きのうはホテル入川での会合でした。

メンバーの生家です。メンバー本人は開業医ですが、場所は大体、ここか「魚まさ」です。

「魚まさ」は映画『海炭市叙景』の実行委員・高野さんの経営するお店です。

食事班の拠点となった「カントリーカフェ」も彼女のお店ですが、彼女が映画に関わることになったのも、このJAMAJAがきっかけでした。

3年前の2月、実行委員会が発足してすぐのころに、やはり入川であったJAMAJA新年会で、

「今度、佐藤泰志原作の映画を作りますのでご協力お願いします」と言ったら

すぐに手を挙げてくれたのでした。

他の仲間も、みな募金に協力してくれました。持つべきものは友ですね。

 

わたしはお酒が飲めないので(つまらないですね)、専ら食べる方でしたが

みんなは飲んだり食べたり喋ったり、温泉に入ったり。

 

 

 

 

たくさん食べました。

 

 

仕上げは、うなぎ茶漬けでしたが、もう入りませんでした。

以前は、延々と続いた宴会も昨日は早いお開きでした。

みんな年をとりました。