陸繋砂州通信 > ツレヅレ > 傍らに人無きがごとし

傍らに人無きがごとし

きょうは朝方、雪でした。

道東の斜里では-19度(!)とか。

季節のバトン、なかなか春に渡りませんね。

 

きょうはまた、新年度最初の日。

入社式だったところがたくさんあったようです。

新人さんたちにとっては緊張の一日だったことでしょう。

ゆっくり休んで、明日からまたがんばってほしいです。

 

わたしは、きょうは出かけるつもりでしたが、家で待機していなければならなくなって

おとなしくPCで仕事をしていました。

点訳ボランティアの勉強会メモも作ってプリントアウトしたり。

点字グループでは、個々人の点訳の他に、いろいろな活動をしていて

例会では勉強会もしています。

そこで問題になったことや、決定したことを勉強会係でまとめて会員に渡そうと作ったのです。

点字には、いろいろなルールがあるのですが、なかでも大事なことに「分かち書き」というのがあります。

絵本や、小学校低学年の教科書には、読みやすいように語と語の間に空白がありますよね。

日本語には、同音異義語がたくさんあるので、読解は漢字に助けられている部分が大きいです。

でも点字には漢字がないので、誤読しないように、この分かち書きがとても大事なのです。

でも、やみくもに分ければいいというものでもないので、迷うことも多いです。

点字の表記辞典はもとより、国語辞書を何種類も見比べたり・・・

ふだん知っているつもりで使っている言葉も、調べてみると間違っていたりが、けっこうあります。

一語として扱うものの目安となるのが、辞書の見出し語ですが、調べてみると面白いものがありますよ。

今回のメモから、いくつかご紹介しますね。

 

今日が日(きょうがひ)・・・今日という日

火点し頃(ひとぼしごろ)・・・たそがれどき

これらが見出し語でありますね。点字も、このように内部に助詞を含んでいても、一語として熟している短い複合語は一続きに書きます。

それから、

傍若無人(ぼうじゃくぶじん)

これは、「傍らに人無きが若(ごと)し」の意ですが、

漢文の返り点で考えます。分けて考えると意味をなさないので、一続きというわけです。

全然考えてもみませんでした。

読むときも「ぼうじゃくぶじん」ですね。いままで「ぼうじゃく ぶじん」と分けて読んでたかもしれません。

 

いくつになっても知らないことだらけです。

それで傍若無人にふるまっていることもあるかもしれません。

気をつけよう

そう思ったのでした。