陸繋砂州通信 > ツレヅレ > 「游人」18 

「游人」18 

4月も半ばを過ぎ、ようやく春らしい日々となりました。

日中はストーブを消していられるくらい暖かです。

先週から、またバタバタと忙しくなり、ブログも久しぶりです。

 

詩誌「游人」、今年も無事出せました。

18号です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詩の勉強会として毎月集まるようになって22年経ちます。

最初のうちは詩誌を出していませんでした。

今も、細々と年1回(笑)。

月刊や季刊でがんばっている方々からしたら、

のんびりとしたものですが、このぐらいが性に合っていますね。

いまは、道内の、いつも寄贈してくださる詩誌や文芸誌の方への発送も終わって、一息ついたところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今号は、6人の同人(名義は7人)の作品で、いつもよりページ数が少ないです。

22年の間に、発足時のメンバーのうち2人が亡くなりました。

書くことに意欲的だった彼女たちのことを思うと

こうして、生きて、書けることは、ありがたいこと。

常は忘れているそのことを噛みしめ、精進しなければと、ちょっと殊勝なわたしです。