陸繋砂州通信 > ツレヅレ > 若葉たち ー 詩と映画と

若葉たち ー 詩と映画と

残暑厳しい日が続きますねー。

きょうは函館も、30度を超える暑さでした。

高文連の道南地区大会二日目で、分科会と「青春海峡文学賞」の表彰式で、中央図書館に行って来ました。

 

小説・評論、詩、短歌、俳句のグループに分かれてミーティングを2サイクル。

生徒は希望する文芸ジャンルふたつを選んでの参加です。

わたしは詩の担当でしたが、とても楽しかったです。

十代の子たちと詩を語れる機会は、そうないですし、年の差は親子以上離れていても、

詩を書く者同士(同志?)詩を語れるのはうれしいことですから。

生徒たちも、自校の文芸部の仲間だけでなく、他校の生徒の感想や意見を聞く機会です。

和やかだけど真剣な、とてもいい雰囲気でした。

記念撮影が終わったあとも、次々声をかけてくれる生徒たちが後を絶たず、うれしいことでした。

これからも書いていってほしいですが、もし書くことをやめたとしても

彼や彼女たちの書いた詩が、あるいは書いてきたことが、未来の彼や彼女を支えることもきっとあるだろうと思うのです。

 

 

 

 

帰りに、思いがけない人に会いました。

向こうが先に気づいてくれました。

えっ、あおみちゃん!?

びっくりしました。

映画『海炭市叙景』でロープウェイ売店の少女を演じた由利碧海さんです!!

昨年末のブログにも書きましたが

息子の教え子でもある彼女は、将来映画のほう(制作)へ進みたいという希望を持っていました。

映画出演の時は高校生でしたが、あれから2年、どうしているかな、と思ってましたが・・

東京の大学へ進学、夏休みで帰省していたのです。

しかも、その進学先を聞いて、顔がほころびました♪

日大芸術学部の映画学科です、って!!

わあ、すごいなあ。

うれしいなあ。

ちゃんと夢に向かって進んでいました。

 

 

 

 

 

若い人たちのまっすぐな瞳が、眩しくもうれしい一日でした。