陸繋砂州通信 > ツレヅレ > 花崎皋平さんのこと

花崎皋平さんのこと

2013年最初に届いた詩集は花崎皋平『風のとおる道』でした。

花崎皋平さんは、著名な哲学者にして、詩集『アイヌモシリの風に吹かれて』で小熊秀雄賞を受賞された詩人です。

大きな人です。

躰のことだけではなく、です。

該博な知識の偉い方なのに尊大なところがまったくない方です。

81歳、温厚で穏やかで、懐のおおきな老師の風情ですが、裡に烈しいまでの一途さも持つ青年の貌も。

 

花崎さんの詩は、素朴な言葉で綴られています。

現代詩の難解めくレトリックや外連がないのです。

 

「人の魂の神聖さをしみじみ学ぶ。/簡潔で明快な示唆がある。提起がある。/絹のような艶と 綿のような素朴な手触りとを併せ持つ。/重みと軽み亦併せ持つ。慈しみ深く 虔しみ深い」と

彼をよく知る詩友・長屋のり子さんが帯文に記した通りです。

 

 

 

 

 

『風のとおる道』は、8章からなる詩集です。

旅や友や思想や家族のことなど、どれもすっと読めるのですが、深く残ります。

巻頭詩の「足尾を歩く」も印象的ですが、「痛ましいー上西晴治を悼む」の次の語が灼きついています。

アイヌ ネノ アン アイヌ  (人らしい人)