陸繋砂州通信 > ツレヅレ > ルナニルハ ルナニルハ

ルナニルハ ルナニルハ

明け方届いた地元紙に次男の背中が映っていました。

きのう、松前で行われた近隣8高校による「書道パフォーマンス」の記事です。

松前高校書道部と松前中学校吹奏楽部がコラボレーションしてのパフォーマンスで、息子は指揮をしていました。

松前は近代詩文書の父と呼ばれる書家、金子鴎亭の生誕地なのです。

そういえば、先週「来週はこれないから」と次男は桜の枝(お嫁さんの心遣いでしょう、水を含ませてきれいにラッピングされてました)とお菓子を持ってきて、一足早く母の日を味わったのでした。

 

002008

 

 

 

 

 

それで、今年はもう母の日は終わった気でいたら

午前中に(休日なのに早っ!)長男が可愛い花籠とケーキを持ってきてくれました。

午後から仕事関係のお花見があると言うことでした。

012005

 

 

 

 

 

先週からダイエット手帳つけているのに、

こりゃダイエットは断念しなければ、と覚悟(笑)

ハハが痩せられないのは、息子たちのせい、ってことでヨロシク

と軽口も出てくるくらい元気になりました。

 

辛い3月・4月でしたが、励ましてくれる人や事に、感謝です。

きのうもうれしいたよりがありました。

関西に住む友からツバメの絵はがきです。

わたしの詩の一部分がすてきに行分けされ、記されていました。

詩の良し悪しは別として、美しい詩文書です。

 

三羽のツバメはたしかに空を舞うツバメなのですが

スワロウテイルが深く深く切れこんでいて、つばさは細く流れるようで

まるで伸びやかな四肢が春を舞うようです。

018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スワロウテイルには燕尾のほかに、揚羽蝶という意味もあるようです。

このたよりが海峡を渡っていただろうころ、わたしは蝶の挨拶を受けました。

くるりと結び目をつくるように回ってバレリーナのように膝を落としてから飛んでいったのです。

不思議なシンクロです。

 

おまじないのように唱えて本物の「はるになる」

ルナニルハ ルナニルハ