游ぐ人

きのうは『游人』19号の合評会でした。

年に一度、細々と発行してきて19号になりました。

最初のメンバーで集まって詩の勉強をするようになってからは22年です。

この間に、3人の同人を喪いました。

藤田節子さん、平塚みちるさん、そして、今号発行直前に逝ってしまわれた、なかの頼子さん。

今号は、なかのさんの詩集『さよなら✻アボカドの日』の特集だったのに、追悼特集のようになってしましました。

さびしい。

かなしい。

1年前、お祝いの会を函館で開いたことが思いだされます。

これから、この会はどうなっていくのだろう。

そんな心細さを抱えながらも、今号から参加の新しい同人がいます。

やれるところまでやってみようと思います。

今号も表紙は、なかのさんの絵でした。

005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きのう、わたしは朝からひどく苛立っていました。

こころが波立ち、ささいなことにも突っかかりたい嫌なヤツ(笑)。

夜、遠くの友の労りに泣いたり笑ったりの、不安定なかっこうのこどもでした。

きょう、きのうの合評会に来られなかった同人(小樽)の長屋のり子さんからいただいた小さな本を読みました。

彼女の企画で発行された、道内在住だった飛島詩子さんの『海へ』という児童文学です。

だった、というのは、飛島詩子さんも、発行直前の4月に亡くなられたのです。

63歳という若さです。

 

『海へ』は利尻に住む中学2年生の女の子が主人公。

北の島で暮らす少女の物語です。

中学生でも食事の支度や浜の仕事も手伝う働き手です。

身なりもかまわず働く母を嫌悪したり、札幌の高校へ進学した兄の悩みを知ったり。

そして、海から学ぶのです。

 

海は、わたしをささえもしないし、つかまるところさえない。たよりになるのは、わたし自身だ。

 

わたしは、わたしなりに、泳ぐしかないんじゃない。

手足の先がのびて、水平線まで、とどくように、わたしの体は、海と一緒に広がりだした。

 

汐の香りがしました。わたしの胸にも海が広がりました。

作者は亡くなっても、作品は生きているのです。

利尻の少女に、遺された作品に、励まされました。

『海へ』の初出は1978年の『北海道児童文学全集』第3巻です。

35年前の作品ですが、年月に色あせない清しく力のある物語でした。

元気を出して、わたしもわたしなりに游いでいこうと思います。

003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『海へ』飛島詩子著(テンブックス 1500円)

装幀は絵本作家の長野ヒデ子さん