中也

今夜も見事な月です。

 

月夜の晩に、ボタンが一つ

波打ち際に、落ちてゐた。

(中原中也「月夜の浜辺」より)

 

先日、Nさんに高校時代どんな詩人を読んでいたかと訊かれ
そうですね、ランボーとか・・外国の詩人を。
日本の詩人はあまり読んでなかったですね、と答えていました。

あとで、あれ、たしかにランボーは読んでいたけど
いちばん読んだのは中原中也だった、なんで中也がでてこなかったんだろう、
訝しい思いがしました。

 

はじめて予約注文して買った詩集が、角川書店から出版された『中原中也全集Ⅰ』でした。高校1年生でした。

後年、福島泰樹さんが短歌絶叫コンサートで中也の詩を読まれているのを聴いて、とてもなつかしかったです。

そして

生地を訪れ墓参りした詩人は中也だけです。

なのに・・
なぜ?
舞いあがっていた?
・・・ケンボー症?それとも・・・ニンチ症?

 

月の光が降りそそぐ夜です。