陸繋砂州通信 > ツレヅレ > 雪の大晦日

雪の大晦日

2013年も今日で終わり。

いろんなことがありました。

つらいこと悲しいこともありましたが、うれしいこと楽しいこともありました。

それらすべてを慰め鎮めるように雪がふっています。

 

年末年始のお休みは、なんと9連休ですってね。

息子たちが帰ってきて、食事作りと片づけに追われています。

忙しいけどうれしくもあります。

息子1は買い物の荷物持ちにイヤな顔せずつきあってくれます。

息子2は雪かきしてくれました。

息子3は帰るなり「お腹空いた」(笑)

 

大晦日というと、樋口一葉の「大つごもり」や太宰治の「貧の意地」を思いだしますが

わが家は蓄財はなくとも借金に苦しむことなく年を越せるのは、ありがたいことです。

男の子3人を育ててきて、いい親だったとはとても言えませんが、ひもじい思いをさせなかったことだけはよかったかな。

「アンパンマン」の作者・故 やなせたかしさんは、戦争前と戦争後で正義が変わったのを体験し、「ひもじい人を助けること」だけはいつの世も変わらない正義と確信したといいます。

本当に、そうだと思います。

だれもがひもじい思いをせず安全に安心して暮らせる、子どもたちが誕生日を祝ってもらえる、そんな世界であってほしいです。

 

野球少年だった息子3は、どうしたわけか将棋が好きになったらしく、帰るなり自室で埃を被っていた将棋盤(父親が中学生の時、叔父さんにもらった年代物)を持ち出し父親と対局、敢えなく惨敗(笑)。

独りパソコンでゲームをするばかりだった父親の脳と心を活気づかせてくれました。

これも親孝行?

末っ子も、帰省のたびに家族全員にお土産を持ってきてくれる優しい子です(親ばかです)。

今回のお土産は、包装紙や紙袋がおしゃれなお菓子でした。

 

年が明ければ、息子2のところには家族が増えます。

あたらしい、ちいさいひととの対面を楽しみにしています。

 

2013年、お世話になった方々、このブログを訪れてくださったみなさま、ありがとうございました。

来る2014年が、みなさまにとってよい年になりますように!!

 

003