陸繋砂州通信 > ツレヅレ > 樹の時間、雪の手紙

樹の時間、雪の手紙

朝起きたら、屋根や庭木が雪化粧していました。

白い世界は、こころ躍るものです。

子どもの頃の初雪の朝の驚きと嬉しさを思い出します。

松の枝にふんわりかかった雪は真白い綿のよう。

玄関横の松は、末の子が生まれたときにいただいた苗木を植えたもの。

もう手に負えないほど大きくなりましたが、子どもたちが小さかった頃は

クリスマスツリーのように形がよくて、電飾をめぐらしたりしました。

 

それにしても、木の伸びゆく力には感服します。

生き物のなかで、いちばん大きくなるのも、いちばん長命なのも

木だとか。

縄文杉は樹齢3000年?4000年?

大きな木といえば、つい先日、新聞でライオンが木の枝にいる写真を見ました。

こういう大きくて長命な樹木の根はどうなってるのかと、そらおそろしい気もします。

 

 

陽が射してきたら、雪は一気に溶けました。

一夜の夢のように淡い雪のいのちでした。

根雪になるまで、もうしばらくかかりますね。