陸繋砂州通信 > ツレヅレ > 水瓶座の友

水瓶座の友

朝起きたら雪が深々積もっていました。

今日は約束があって出かけるので、外出前の雪かきはしたくなかったのですが、やらなければゴミも出せない積雪なのでした。

時間が気になって急ぐので汗びっしょり。この時期なのにシャワーを浴びました。

児童公園の鉄棒も殆ど埋まっています。

002

 

 

 

 

 

 

約束の相手は、映画「海炭市叙景」製作実行委員会で一緒だったYさん。

実に実に、久しぶりでした。

Yさんとは2009年の街頭募金やイベント、2010年の撮影時の食事班などで1年以上、活動を共にしました。

とりわけ食事班では35日間のロケ中、昼夜2回の弁当づくりで毎日、顔を合わせていました。たまにお弁当が休みの時でも、エキストラで出たりと常に一緒でした。お菓子づくりの名人で、とてもいい方です。撮影後もずっと仲良くしていて、毎年会っていたのですが昨年は、わたしの病気入院などで会えずじまいでした。

CCF20160128_00000

昨年の入院前、気がかりは二人の友の誕生日が間近なことでした。

一人はYさん、もう一人はCさん。彼女も「海炭市叙景」が縁で知り合いました。二人とも、大人になってからでも真の友ってできるんだと思わせてくれた大切な人たちです。ささやかでもプレゼントは贈りたかったので、入院直前にプレゼントを選んだり手配したり。

 

Yさんとは、気がつけば4時間半も(途中お店を替えて)話していました(笑)。

帰宅したら、YさんとCさんからメールが届いていました。

良い日でした。

1月28日。ちょうど手術から1年でした。