陸繋砂州通信 > ツレヅレ > 「成長と拡大」の星?

「成長と拡大」の星?

10月10日、ですね。

佐藤泰志の命日でした。

27年です。

連休前の6日、お参りしてきました。

良いお天気の日でした。木々の紅葉が始まっていますね。


雪虫がたくさん飛び交っていました。

雪虫は飛行力が弱く、飛ぶと言うよりは浮遊しているといった感じです。

雪虫からは除けてくれないので、こちらが避けないと服や髪に付きます。どうかすると目や口にも入ってきます。

その日は『恒河沙』に載せた『砂州をこえて-佐藤泰志「海炭市叙景」論』が、ある文学賞の最終候補に残っていて、その選考会の結果が夕方わかるということでした。

夫の墓も同じ墓苑にあるので、ついこのまえお参りしたばかりですが、一緒にお参りして、二人に報告とお願いをしてきました。

 

 

しかし、願いは届かず。

残念でしたが、まあそんなに簡単なことではないのでしょう。

候補に残っただけでもよかったと思うことにします。

 

 

佐藤泰志が亡くなったと同じ年の春に私の母も亡くなりました。

今日さがしものをしていたら母が亡くなる前に病院で私の末っ子に宛てた手紙(便箋じゃなく、生協の配達用紙の裏に書かれた)が出てきました。

「こんな紙でごめんね」と結ばれた手紙を読んで号泣しました。

27年経ってもなお、哀しみも悔いもあって。

あの日々、そしてこの一年。

 

雪虫や禍福の縄は季を渡り

 

ひとしきり泣いた後は書店まで歩きました。

昨日読んだ雑誌に80代のプロデューサーが毎日1万歩を課して1ヶ月で5キロ痩せたというのに触発され、久しぶりに歩数計をつけて・・

書店では桜木紫乃さんの新刊『砂上』を探したのですがありません。書店員さんに調べてもらったら在庫切れとのこと。すごいね、紫乃さん! 注文して帰ってきたら歩数計は5000歩。うーん、なにをしても届かず(笑)道半ば、なり。

 

しかし、10月10日。

好きな星占いライター石井ゆかりさんによれば、本日、木星が私の星座に入ってくるそうなのです。木星は12年に一度巡ってくる「成長と拡大」の星とのこと。

ここは、それを信じて励みましょう。だって、12年に一度ですもの。泣いてる場合じゃありませぬ。

月にも味方してもらって、元気出しましょう。

 

 

 ケセラセラ楕円の月に兎いて