陸繋砂州通信 > ツレヅレ > 風の中を歩く

風の中を歩く

バイバイ大間原発ウォークに参加してきました。

前回の9.19は、対岸に大間を望む大森浜から市役所前というコースでしたが、
今回は千代台公園から五稜郭公園というコースです。

ものすごく風が強くて寒くて、治りかけの風邪がぶり返しそうでした。

すぐ脱げる薄いフードでは、逆巻く髪を抑えきれず、たまらず首に巻いていたマフラーで頭を包みました。

真知子巻き?などという優雅なものじゃないですが、頬も隠れて暖かでした。

「海炭市叙景」製作実行委員会の仲間の姿もあって、心強かったです。

そして、見知らぬ人も、同じ意思行動をするので、お互いを思いやる仲間意識が・・・

手作りの脱原発うちわを持ってる方がいたので、写真撮っていいですかと聞いたら、気持ちよくうちわをこちらに向けてくれただけでなく

このバッジ持ってる?と訊いて、持ってないと答えたらフェルトの袋から取り出してくださいました。

 

 

ウォークに参加している人は若い人よりご高齢の方が目立ちます。

オオキイヒトもがんばっています。