陸繋砂州通信 > ツレヅレ > この一年と、二十年

この一年と、二十年

誕生日と一日です。

一年と一日前の誕生日に詩集「陸繋砂州(トンボロ)」を出版しました。

第一詩集「鬼捲り」から二十年ぶりという、なんとも歩みののろいことでした。

そんな拙詩集に、びっくりするほどたくさんのお祝いの花束やお手紙やプレゼント、

賞までいただき、まあ二十年分の幸福を一年で受け取ったようでした。

 

詩集は、吉増剛造さんに、一番に送りました。

吉増剛造という詩人に出会えたことで、わたしは再び詩を書くようになりました。

十代は生意気なブンガク少女だったわたしですが、
早くに家庭に入って詩作からは遠ざかっていました。

それが、吉増さんの「オシリス、石ノ神」朗唱を聴いて、震えました。

自分のなかで鳴り出すものに驚きました。

その後、吉増さんが選をされていた「ユリイカ」に初めて送った作品が

運良く採っていただけ、さらに、その直後にお話する機会もありました。

わたしにとっては、吉増さんは詩の師というより、はじめて会った本物の詩人です。

その吉増さんから、詩集を送ってすぐに、お手紙をいただきました。

もったいないようなありがたい言葉と、懐かしい文字に涙ぐみました。

 

そして、この一年は深く関わった映画「海炭市叙景」の全国公開、

海外の映画祭での上映とうれしいたよりが続きました。

11月には、DVD・ブルーレイの発売もあり、それを記念してのイベントでは

佐藤泰志の関係者が函館に来てくださいました。

生前の佐藤泰志には、一度も会ったことがなかったのに

泰志を愛する方々にお会いできたのです。

福間健二さんにも、はじめてお会いしました。

 

吉増剛造と福間健二。

二十年で、二人の本物の詩人に出会いました。

この一年を、けっして忘れないでしょう。