陸繋砂州通信 > ツレヅレ > プリマヴェーラ

プリマヴェーラ

吉増剛造さんは、わたしがはじめて出会った本物の詩人、前にそう書きました。

今夜は、その吉増剛造さんのことを少し書こうと思います。

 

本当の本物、という出会いの直観は間違っていませんでした。

吉増さんに会った方なら誰でも、躊躇いなく彼を詩人とよぶでしょう。

あの傲岸不遜な物言いが身上だった中上健次が、吉増さんには

限りない敬意と優しさで接していて(『打ち震えていく時間』吉増剛造+中上健次対談)

驚きながらも納得したものです。

 

吉増さんから頂いたものは、有形無形あります。

吉増剛造という詩人は、わたしのような地方の無名の者にも丁寧な方で

お手紙もたくさん頂きました。

独特の文字で書かれている文を見るのは嬉しいものでした。

なかでも、吉増さんがブラジル滞在中に頂いた2通の手紙は、

その時期わたしが仕事も家庭もハードだったこともあって

とてもありがたかったです。

 

ブラジルは日本とは季節が真逆なのですね。

春と秋、ふたつの季節に頂きました。

いつも、ハコダテの気候に想いをはせてくださり、ブラジルの気候を教えてくださいました。

手紙を開いたら、押し花の金色がこぼれました。

文面のなかに、

春 プリマヴェーラ

という語があり、眼も耳も吸い寄せられました。

プリマヴェーラ!! なんて美しい言葉だろうとうっとりしました。

 

それ以来、心が塞ぐときはプリマヴェーラとつぶやいていました。

すると心が晴れて、光が射すようでした。