ギフト

きょうは友人の山本まきこさんと、弥生町のギャラリー三日月へ行ってきました。

 

山本さんは、映画『海炭市叙景』の製作実行委員。

ともにロケ弁づくりに励んだお仲間です。

5週間、ほとんど毎日顔を合わせ力を合わせ、すっかり仲良しになりました。

撮影が終わってからも、ときどき、お茶したり、ご飯を食べたりしています。

彼女はクッキーやケーキ作りの達人で、撮影隊も毎日差し入れられる彼女のスィーツを楽しみにしていました。

昨年のわたしの誕生日には、抹茶ショコラケーキのホールを届けてくれました!

そして、きょうは誕生日のプレゼントよと、素敵な手作りバッグとラズベリーケーキを頂きました。

 

バッグは、畳の縁に使う布で作られた、和・洋装どちらにでも映えそうな、素敵なバッグです!

ケーキは、ラズベリーとハーブ入りの甘くて美味しいクリームタルト!

ありがとうございました!!

 

さて、きょう三日月ギャラリーへ行ったのは

これも海炭市つながり、実行委員・加藤さんのお嬢さんの

加藤晶子作品展「アートと日常」を観るためでした。

加藤晶子さんは、「海炭市叙景」イベントの横幕や看板にも協力してくれました。

全道展にも入選するなど、将来が楽しみな若い可愛いお嬢さんです。

 

 

古い蔵を利用したギャラリーには、カフェが併設されていて

そこで晶子さんを交え、コーヒーを頂きながら美術談義も。

 

すてきな贈り物と、すてきなギャラリーでの、すてきな作品群。

とてもうれしく、楽しい日でした。

佐藤泰志と「海炭市叙景」に関わったことで得られた出会い、

それこそが、すばらしいギフトですね!