陸繋砂州通信 > ツレヅレ > November Note

November Note

雨の夜です。

 

11月はうれしい

おめでとう 祝ってくれるひとがいる

ありがとう 生きて応えるわたしがいる

11月はさみしい

日に日に日暮れは早く 夜明けは遅い

葉を落とし立ちつくす裸の木のさむささみしさ

11月はあぶない

身も耳も 騒ぐ逆巻く疼く渦巻く

海は呻り(割れ)水は滾り(狂れ)

 

11月はうれしさとさみしさとあぶなさが交互に、ときに同時にやってきます。

13歳の誕生日は、ケネディが暗殺され。

20歳の誕生日のすぐあとに、三島由紀夫の割腹自殺。

10年前には、ビートルズで一番好きだったジョージ・ハリスンが亡くなりました。

なんだか、どきどきとざわざわの大波小波、胸が騒ぐ季節なのです。

 

今年は、3月11日以来の不安が、8ヶ月以上経っても去らないどころか、さらに募ってます。

そんななか、大阪では異様な熱気の選挙です。

東電・福島の原子力発電所の所長は病気退陣(病名も被曝線量も非公表)。

原発事故はいまだ収束せず、土も海も放射能に汚染されつづけて。

 

どうなってゆくのでしょう。

 

祈りの指をほどき

なお書くことでしか