陸繋砂州通信 > ツレヅレ > 寒かったころ

寒かったころ

きょうも寒いです。

 

小林政広さんの『BASHING』というCD(2006年)を聴いています。

この全4曲のCDの最初と最後には同じ曲が入っています。

「寒かったころ」という曲です。

最初の「寒かったころ」は制作年当時の小林政広さんが唄っています。

最後の「寒かったころ」は林ヒロシ名の30年前の小林政広さんの唄声です。

こちらは映画『バッシング』のエンディングテーマ曲だそうです。

残念ながら、その映画はまだ観ていません。

いえ、その映画だけではなく、小林監督の映画は

『愛の予感』しか観ていません。

その『愛の予感』のエンディングで聴いた小林政広さんの唄声が好きで

購入したいなと思い、ネット検索したのですが、販売されてませんでした。

かわりに、この『BASHING』を見つけて購入したのでした。

 

このCDは、30年前の小林さんの「寒かったころ」「きみの胸の中で休ませておくれ」と

高田渡さんの「仕事さがし」で、構成されていますが、まるでどの曲も、

今年の、あの、春の、大震災以後を唄っているように聴こえます。

とりわけ、「寒かったころ」は……

 

寒かったころ
(作詞/作曲:小林政広)

もう見えなくなります

汽車は通りすぎて行きます

もう見えなくなりました

汽車は通りすぎていきました

 

陽が昇るころもう一度

陽が昇るころもう一度

ここまでやって来ようと思います

陽が昇るころもう一度だけ

 

好きだったあの娘は

この街にはいません

好きだったあの娘は

もうどこの街にもいやしません

 

ひとりぼっちだったことを知り

ふとひとりぼっちだたことを知って

かわいそうな街だと言って

ボクは眠りにつきます

 

この街を出る前に

この街を出る前に

窓を閉めきってしまいました

そして眠りにつきました