陸繋砂州通信 > ツレヅレ > 函館散策クイズなど

函館散策クイズなど

12月、忘年会や納会が行われると、いよいよ年の瀬を実感しますね。

わたしが所属している点字ボランティア・グループも明日が納会です。

納会担当係として、きょうは、その準備をしました。

 

納会といっても、日中、アルコール抜き、ホテルでランチをとりながら

ゲームなどをして今年の活動を締めくくるというものです。

近年、ゲームはビンゴゲームのみでしたが、

今年は函館クイズもやりましょう、わたしが作りますよ、ということで

問題の作成や、会のしおり、解答用紙作成なども

言いだしっぺのわたしが引き受けました。

 

クイズの景品は先週、担当者4人で買いに行き、個別の包装もしました。

問題も10問考えて、大きな画用紙に一問ずつ、すでに書き終えました。

解答は択一(いわゆる三択)で、問題はたとえばこんなのです。

会員より一足先に、一部お見せしますので答えを選んでみてください。

 

○宇江佐真理の『おぅねぇすてぃ』に登場する、実在した日本の洋食店第一号といわれる
重三郎の店はどこにあったでしょうか?

答え ①元町  ②大町  ③船場町

○函館文学館には、函館生まれの作家・佐藤泰志の作品の表紙となった原画が飾られています。
その絵の名前は何というでしょうか?

答え ①海炭  ②叙景  ③函館

○道内初の国宝、南茅部出土の中空土偶につけられた名前は何というでしょう?

答え ①南空  ②茅空  ③中空

 

答えは明日。