陸繋砂州通信 > ツレヅレ > 海炭市叙景の季節に、

海炭市叙景の季節に、

海炭市叙景の季節ですね。

大晦日も近いのですが、真冬日が続いて掃除に精が出ません。

この寒波は北海道だけじゃないらしいです。

きょうは滋賀も雪でしたと、キタイマコトさん。

函館を思い出します、と書いてくれてました。

滋賀へは、映画『海炭市叙景』美術の山本さんからの要請。ご縁が続いていることがうれしいです。

 

『海炭市叙景』に関わったことで、出演された俳優さんはもちろん、スタッフの活躍をみるのが楽しみです。

エンドロールも、最後まで見ます。

きのうも『フリック』のエンドロールに、録音の吉田憲義さんの名を見つけてうれしくなりました。

吉田さんと録音助手の西条さんは、初顔合わせで真向かいに座ったこともあり、とても親しみを感じるのです。

食事班は、あまり現場に行くことはなかったのですが、クランクアップの打ち上げで、記念の寄せ書きや写真をお二人に渡す役がわたしでした。

撮影の近藤龍人さんも素敵な青年で、食事班のわたしたちのところへ来てくれて、現場でのお話しをいろいろ聞かせてくれました。

吉田さんは、お疲れでしたでしょうに近藤さんとわたしたちの写真を撮ってくれて、翌朝すぐPCに送ってくれたのです。

ほんとうに、みな気持ちのいい青年たちでした。

これからも、ますます活躍してくれることを確信しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真撮影:新目七恵さん