陸繋砂州通信 > ツレヅレ > どんど焼き

どんど焼き

年が明けて七日目ですね。

わが家は、息子たちも戻っていき昨日からは通常の生活に戻りました。

きょうは、正月飾りを外し、どんど焼きへ行ってきました。

近くの湯倉神社です。

 

函館にはたくさん神社がありますが、大きいのは函館八幡宮・亀田八幡宮・湯倉神社でしょうか。

函館八幡宮は、函館山の麓、市電・谷地頭電停の近く。

映画『海炭市叙景』の、大晦日の夜に小林薫さん南果歩さん夫婦、加瀬亮さん父子が乗り合わせていた初詣電車の向かう先です。

湯倉神社は、その反対側、市電だと函館山からもっとも遠い湯の川終点にあります。映画で運転士が息子の姿を見かけたところです。

 

函館は年頭から晴天続きで、交通量の多い車道は路面が乾いていますが、日陰は溶けた雪が凍ってつるつるでした。

注連縄など燃やしてもらって、どんど焼きの火にあたってきました。

どんど焼きの火にあたると風邪をひかないといわれているので毎年そうするのですが、風邪はひきます。(笑)

あたりかたが足りないのかもしれませんね。

 

参拝後、おみくじをひいて今年の熊手も購いました。

おみくじは末吉でしたが、福は熊手が引き寄せてくれるでしょう。(祈!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい年になりますように!