歌と映画

CD『とりわけ10月の風が』(1993)を聴きました。

林ヒロシさんの楽曲です。

「遅れてきた青年・コバヤシ君」と題された山本恵三さんの文に胸がいっぱいになりながら

「イタリアの天使」から「寒かったころ」まで聴いて、

あとがきの小林政広さんの文を読みました。

そうです。林ヒロシさんは映画監督の小林政広さんなのです。

 

まえに、このブログでも「寒かったころ」については書きました。

あのCDは映画『バッシング』時に出されたものですが、この『とりわけ10月の風が』は

小林監督が林ヒロシとして音楽活動をしていた’75年、21歳のときのレコードの復刻です。

 

「彼らは若く、清新だった。友部たちが実際の年齢よりも老成した印象を与えていたのに対し、林ヒロシや林亭は、オトナぶってはいても、まだ少年の面影があった。今聴き直しても、当時のピュアな精神を感じる。」

そう漫画家のいしかわじゅんさんが書かれているように、声にも歌の世界にも、少年を感じました。

聴いてるとなぜだか涙がぽろぽろ流れるのです。

ずっと、いい映画を観たあとのように余韻にひたっていました。

実はCDと一緒に、小林監督の映画第1作のDVDも購入していて、きょう観るつもりだったのですが、

別の日に観ることにしたほどです。

 

それで、ふっと気づいたのです。

小林政広さんは、林ヒロシのとき、たしかに音楽をやっていたけど、あれは映画だったのだと。

えーと、言い方がへんでしょうか。

つまり、シンガーソングライターです、独りでやる映画だったんだと思ったのです。

だから、歌手が監督に転身というのは、その通りだし、そうじゃないのだと。

(ますますヘン?)

人は変わるものだし、人は変わらないものだと。

作詞作曲し唄っていた林ヒロシ青年と、脚本も書く小林政広・映画監督は、その規模や世界の大きさは違っても、本質は同じだと思ったのです。

 

『とりわけ10月の風が』はディラン・トマスの詩のタイトルから採られた、と小林さんご本人が教えてくださいました。

不勉強で、よく知らないのですが、ボブ・ディランが、名前をいただいた詩人ですね。

39歳で亡くなったようですが、小林政広さんは、その39歳に、このアルバムを復刻されました。

映画を作られる3年前のことです。

わたしは、『海炭市叙景』に関わるまで日本映画にあまり関心がなく、小林監督のお名前も作品も知りませんでした。

ほんとうに遅れに遅れた出会いですが、それでも出会うべき人にも作品にも、いつかは出会うものだと嬉しくなります。

 

きょうは、いろんなことを思いました。

ヒントや励ましを、コバヤシ青年の出発から貰いました。

もうひとつの出発も楽しみです。