陸繋砂州通信 >  高文連

夏の終わり・・・でしょうか

虫がひっきりなしに鳴いています。

少し前からすっかり涼しくなりました。

8月も今日で終わり。

長かったような短かったような。

ブログ、すっかりさぼっていましたが、いろいろ盛りだくさんの夏でした。

かんたんにメモだけ記しておきます。

 

◇庭の木(もみじ)にキジバトが巣を作って、二羽の雛が孵りました。

巣を下りてからも暫く庭でじっとしていて、巣立ってからも時々訪れて。

雨の夜など気になって。かわいいものでした。

004

 

 

014

◇「五詩人の詩集出版を祝う会」出席のため、小樽へ行って来ました。

・長屋のり子詩集『蝶の背に乗って』002

・花崎皋平詩集『いのちへの旅』

・向井千代子詩集『ひたひたひた』

・佐波ルイ詩集『蒼きイグアナ』

・中筋智絵詩集『犀』

たくさんの懐かしい方にお会いし、また新たな出会いもあったり、良い会でした。二次会も絵や映画の話をたくさんして楽しかったです。

勧められた映画のことなど、そのうち書けたらと思っていますが(保証はできません 笑)。

翌日は

◇札幌の友と中島公園・北海道文学館へ。

入院中もずっと励ましてくれた友です。彼女も10年前にガンの手術をしていて、経験からのアドヴァイスもいろいろ戴きました。

とてもさばさばした人で辛口でもあり、深刻ぶったり湿っぽいことは言わない彼女なのですが、帰路、隣り合って坐った地下鉄で

「生きていようね」前を向いたままぶっきらぼうに言ったのです。

そのときは唐突で、うんと頷いただけでしたが後から思い出して胸がいっぱいになりました。

 

◇青春海峡文学賞

今年も高文連の文芸道南支部大会で詩の審査と分科会講師をしました。

他は断っても、これだけはやろうと思っていました。昨年のワークショップが詩だったので、今年の作品が楽しみでした。

そしたら、そのワークショップを受けて今年初めて詩を書いたという生徒さんがいて、とてもうれしかったです。

 

◇映画は『海を感じるとき』と『悪童日記』を観ました。

◇本は桐野夏生『抱く女』と前述の詩集や送られてきた詩誌を。芥川賞2作は未だ読んでいません。文藝春秋はだいぶ前に購入してるけど、きっと今日買った桐野夏生や現代詩手帖を先に読むだろうな(笑)。

007

 

 

 

悲しいこともあったり体調もくずしたりで通院する日も多かったですが、元気になりました。

002