陸繋砂州通信 > 病気,花

師走

12月ですね。

師走。口に出して言うと「しわす」という音が不思議な感覚です。

極月。月捲りのカレンダーも、とうとう最後の1枚になってしまいました。

今年は初雪が遅くて、しかもすぐ溶けてしまいましたが、今朝はちらちらと小雪が舞っていました。

冬がはじまりました。003

 

 

 

 

誕生日に東京の三男から届いた花束、赤いラッピング、赤いリボンがうれしくて解かずに飾っていたのですが、最初は薔薇の中にあって全然目立たなかったチューリップが異彩を放っていました(笑)。

005

たった1週間で、こんなに伸びて!

花束の中で成長している。

土から離れても、束ねられても、花は生きている!

 

それにしてもチューリップばかり伸びが目立つというのは、花たちの時間もそれぞれなのでしょうか。

 

書店に行ったら手帳や日記帳が並んでいました。

いつもなら手帳を見るのに、今年は日記帳を手に取りました。

2016-2020

「5年連用ダイアリー」という文字に惹かれて。

001

 

 

 

病気につきまとう5年生存率を、生まれてはじめての5年日記を完遂して打ち消したい、

そんな祈りのような想いかもしれません。

この日記を書きはじめるためには、まずは、この2015年の師走を乗り切ることが先決ですが(笑)。さあ。