忙中「映画」あり

久しぶりのブログです。

って、このごろ恒例の書き出し(苦笑)であります。

 

草も取らなければならないし、点字はたまってるし、詩も書かなければ

(今朝も札幌のSさんから北海道詩集の〆切過ぎてますよと電話あり、恐縮至極)

なのに、日々のスピードが速すぎますね、驚くことにもう七月です。

この間にテッセンが咲きサツキが咲き、さくらんぼが生り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな相変わらずのバタバタの日々ですが、映画も観ました。

レンタルDVDで4本と映画館で2本。

DVDは『息もできない』『軽蔑』『ツリー・オブ・ライフ』もうひとつは忘れました。

『息もできない』が圧倒的によかったです。

映画館では『アーティスト』と『ル・アーヴルの靴みがき』を。

どちらもシネマ・アイリスの9:20朝一の上映で、洗濯をすませて大急ぎで駆けつけました。

両作品ともハッピーエンドで、その日の午後はいい気分で過ごせました。

 

ことに『ル・アーヴルの靴みがき』は北フランスの港町ル・アーヴルが舞台で

ある懐かしさというか親しさ近さをおぼえます。そして海炭市を想起させます。

市井の人々の愛と信頼、無償の善意。そして起こる奇跡。

アキ・カウリスマキ監督は名匠の呼び声高い監督で、この人間賛歌の『LE HAVRE』もカンヌで絶賛されたようですが

観終わってエンドロールが流れる間、作風は違えど、わが『海炭市叙景』も負けていないと正直思いました。

実際、フランスのドーヴィル・アジア映画祭で高い評価(審査員特別賞)を受けたのでした。

ドーヴィルも海岸ですね。

海のまちは、遠く離れていても繋がっている、そんな気がします。

 

 

 

 

 

(菅原和博さん撮影)